« 痛いけど……。 | トップページ | 出産ドキュメント!!~その2~ »

出産ドキュメント!!~その1~

■3月28日17時頃
お腹の痛みが10分間隔になったので、入院準備して病院へ行きました。
でも向かう途中で痛みが弱まってしまい……。。
一応、診察してもらうと「本格的になるのは今夜か明日かな」とのこと。
陣痛待ちで帰宅することに。

■23時頃
今のうちに寝ておこうとベッドに入ったものの、痛くて眠れずお風呂に入る。
しばし悶える。

■3月29日2時頃
痛みが10分切る間隔になったので、再び病院に電話。
また入院準備して来るように言われる。

■2時半頃
入院することに!!
陣痛室に入って着替え、産褥ナプキンを当て、
お腹にジュニアの心拍数や陣痛の強さを測る装置を付ける。
長い戦いになりそうなので、トモさんには一時帰宅してもらった。

■6時頃
なかなか陣痛が強まらず。
その間、部屋のテレビを付けてたんだけど、
“谷亮子ドキュメント”やGELUGUGUのPVが流れる(笑)。
陣痛中なので、イラッとしたw

6時過ぎ、隣の陣痛室にいた方が分娩室へ移動。
ものすごく痛そうな叫び声を聞いてビビッてしまう。
その影響か、陣痛が遠のいてしまった。

7時頃、先生が部屋に来て診察。
子宮口は3センチ開いてるものの、まだまだ時間がかかるとのこと。
ジュニアがデカイのでこの痛みが2~3日続くかもって…。
体力がもたないので、促進剤を勧められるも、
薬はイヤなので帰宅することにした。

「30分後に朝食が出るので食べていけば?」
助産師さんに言われ、食べることにした。
ところが、朝食を待つ間に激痛が襲ってきた。
間隔を測ると2~3分!
朝食が運ばれてくるも食べられない。
でも「これが出産前、最後の食事かも!!」と感じて
陣痛の合間に流しこんだ。
ヨーグルトを一気に飲み込んだのだけ覚えてる(笑)。

「ジュニアは今日、出たがってる!」と思い、
体力を考えて促進剤を打ってもらうことを決意。
助産師さんを呼んでその旨を伝える。

■9時頃
促進剤に耐えられるかを院長に診察してもらう。
が、診察に向かう途中でまさかの破水!
温かい水がジョビバーって出た。ビックリ!
診察してもらったら、すでに子宮口は5センチ。
すぐに浣腸をされたw
トイレでお腹を空にして陣痛室に戻る頃には、痛みが大変なことに。
陣痛の合間に促進剤使用合意書にサイン。
これ以上ない汚い字だったと思う。
採血して点滴を入れられ、準備は万端。

トモさんに電話して急いで来てもらう。

■11時半
陣痛は1分を切る感覚に。
子宮口は全開!
でもジュニアがなかなか降りてこない。
骨盤に引っかかっちゃってる状態らしい。
陣痛が襲うたびに
「今、赤ちゃんが一番ツライとき! 頑張って!」
と助産師さんに励まされる。

トモさんに肛門を押さえてもらい、腰をさすってもらった。
そうしてもらうとかなりラクになった。
トモさんが笑わせようとしてくれるんだけど、
応える余裕がまったくなかった(笑)。ごめんね。

あと母と妹も来てくれて顔を出してくれた。
とにかく「頑張る」を連呼したような記憶が。

助産師さんたちに
「ハァ~って息を吐け」「陣痛きたら股を開いて脱力!」
とかいろいろ言われるけど、なかなかできなかったよ(笑)。
それに「ハァー」よりも「フゥー」って息を吐く方がラクだったような……。

陣痛の合間に意識がなくなることがあったんだけど、
あれって寝てたんだと思う(笑)。
人間の本能ってスゴイわ。

なかなかジュニアが降りてこず、
でも子宮口が全開なのでいきみたくて仕方ない。
12時くらいに助産師さんに
「あと30分で分娩台へ行こう」
と言われたんだけど、すでに陣痛が1分切ってて
気が遠くなりそうになった。
「頑張れジュニア!」
と心の中で何度も言ってた気がする。

やっと「分娩台へ行こう!」と言われたときは、
かなりホっとした。
もうやるしかねぇ、って感じだった。


続く!

|

« 痛いけど……。 | トップページ | 出産ドキュメント!!~その2~ »

妊婦ライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/455324/12178778

この記事へのトラックバック一覧です: 出産ドキュメント!!~その1~:

« 痛いけど……。 | トップページ | 出産ドキュメント!!~その2~ »