トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2回目の健診。

2回目の健診に行ってきました。

尿検査があるのをうっかり忘れて、
自宅でトイレに行ってしまいました。
前回の反省をまったく活かせず。

体重が2kg減ってたのです。
しかし見た目には確実に太っているので、嬉しくもない。
二の腕とか超ポヨンポヨン~~。
つわりがあるとはいえ、食べてるのに不思議。

今回は前回とは違う先生でした。
前回よりおっさんで、小太りで超早口。
「つわり大丈夫?」
「じゃ、見てみようか」
(いきなり器具が入り)
「順調だね、これが心拍、見える?」
「今回は子宮ガン検診もしようね」
-ガチャ、ガチャ-
「はい、いいよ」
「次回、2週間後ね」
すごいスピードで話すので、「ハイ」としか言う暇がなかった。
しかも子宮ガン検診が、されたのかどうかよくわからず。

問診後に子宮ガン検診の受診票を書かされたんだけど、
特にお金もとられなかったし、結果も何も言われなかったんだけど。
次回に何かあるのか??
「?????」って感じでした。
あの小太り先生は微妙だな、と思った。
(帰ってきて病院のHP見たら、副院長だったw)

ちなみにみきーんJr.は前回の倍のデカさになってました。
順調ならよかったわ~。

P1000809

P1000812

左が前回の超音波写真。0.9cm。

右が今回の。2.3cmに成長。

トモさんに見せたら「気持ち悪い」と言われた。ヒドーイ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

妊婦サプリ。

産婦人科で
「妊婦さんにいいサプリメントのサンプルです」
と渡されたものがありました。
『葉酸』というもの。

一緒に入ってたチラシを読むと
“妊婦さんは通常の倍以上の葉酸を摂取することが大切。
 厚生労働省でも推奨しています”
ですって。

こーゆーものを信用できない私。
企業の営利目的じゃないのかしら。
でも本当に必要だったらどうしよう。←小心者

ということで身内の助言なら信じられると思い、
研修医の弟に早速メール。
↑産婦人科の専門でもないのに(笑)。

「葉酸は神経系の発達に必要で、
妊婦が不足すると赤ちゃんの神経系に異常が出て、
二分脊椎という脊髄が脱出する病気になりやすい。
赤ちゃんの神経系は、3か月までに発達するから、
今が一番大事。
飲んでおいた方がいいんじゃない?
酒、たばこは確実にこの時期はやめたほうがいいよ」

以上のような返事がきました。
きっと教科書引っ張り出して調べてくれたんだろうな……
という堅い説明にニヤリとしちゃった。

最後の忠告が痛く身にしみました。

そんなわけで買ってみたよ〜、葉酸。
体にいいことはすべてやってみよう♪

P1000807






↑早速、買ってみた「葉酸」のサプリメント。おいしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

発覚「いるっ!」

8月17日
ようやく近所の産婦人科へ行きました。
生まれて初めての産婦人科にどぎまぎしながら、
問診票に記入して名前を呼ばれるのを待つ。

ちなみに健康保険証の名義変更をしていなかったので、
旧姓のままでカルテを作ることに。
このへんもNO PLANって感じ……。

名前を呼ばれて体重、血圧、尿検査。
体重の増加にビックリだし、尿がちょろっとしか出なくてびびった。
病院へ行く前は、尿を貯め込もうと学んだ。

そして問診。
先生は男性、40代そこそこって感じかな。
「最後の生理はいつきました?」
「6月20日頃です!」
「あ~、じゃ~決定かもね。じゃ内診しようか」

そして内診台へ。

ワタクシ、婦人科系の病気を患ったことがございまして、
内診台に乗るのは初めてではないのです。
しかし今までの内診台は一体なんだったの? 
ってくらい、この病院のはハイテクでした。
だって座ったら、ウィ~ンって自動で股を開きながら(笑)、
先生の方を向くようになってるんだよ。
目の前にはもちろんカーテンが。
恥ずかしいのか恥ずかしくないのか微妙な感じ……。
ちなみに私が経験ある内診台は、自動化されてなく、
自分で股をおっぴろげるタイプでした。
(男性には聞きたくない内容だったかもね、失礼)

先生の
「ちょっと器具入りますよ~」
の声とともに、
私の顔のちょうど真横にあった液晶モニタが点灯。
モニタを見てすぐに衝撃。
「げっ、いる!」
黒い袋みたいなものの中に白い物体が写ってました。
「大丈夫ですよ~、心拍も確認できるし順調だね」
という先生の言葉も右から左。

……。
どうしよう、これからの生活……。
まさかと思っていたので、
嬉しさよりも戸惑いが先に出てしまったのが真実。

しかももう結構、成長してるし……。
私、まさかと思ってたから不摂生しまくりだったわ……。
顔に縦線入ってたと思う。

でも白い物体を見ていたら、だんだん感動してきた。
「すげぇなー、人間って」と。
まだ1cmくらいなのに、心拍とかあるんだもんね。

その後、先生に妊娠初期の注意事項を説明され、初診は終了。

最後に。
窓口で「今日は6000円です」と言われて驚愕。
高けぇ! 居酒屋2回行ける金額!
妊娠に関することって保険きかないって聞いたことあったような。
行きがけに銀行に寄っててよかった……。

こうして正式に妊娠が判明したのでした。
この時、たぶん8週目

| | コメント (2) | トラックバック (0)

経緯「まさかね」

とりあえず発覚までの経緯を記念に書いておきます〜。

7月下旬
生理予定日近くに膀胱炎のような症状になる。
頻尿、残尿感。←老人の悩みみたい。
しかも血尿まで出て。

数年前に、妹ちゃんが同じような症状になって病院へ行ったら
膀胱炎と診断されたことがあったので、
私も膀胱炎なんだと思いこむ。

しかしバタバタしていたので、病院へは行かず尿の悩みを抱えて過ごす毎日(笑)。

8月上旬
生理がこないのは膀胱炎のせいだと、未だに信じ込んでいる日々。
この頃から体が熱っぽくてだるくなってくる。
急に体が重くなった感じ。

この頃、「秋のスイーツ特集♪」なんて女子力の高い記事を作っていて、
毎日コンビニスイーツを2個(!!)とか食べていたので、
そのせいで太ったのだと確信(ま、これも原因のひとつだろうけど)。

しかも猛暑だから夏バテ気味だと思いこむ。
食欲すごいくせに……。

このあたりからトモさん(旦那)が“妊娠疑惑”を抱き始める。
私の食欲が通常の倍だったことが決め手だったらしい。

8月10日頃
いつものようにビールを飲んでると、急に気持ち悪くなる。
1杯だけなのに二日酔いのような感覚。
それでもやっぱり夏バテだと信じて疑わない私。

8月13日
母から電話がきて、夏バテの症状を話すと
「それって妊娠じゃない? 検査薬試してみなさい」
とのアドバイス。
すぐに買ってきて使ってみると……。

『尿をかけて1分平らな所へ置き、窓にマークが出たら妊娠の可能性があります』
と説明書にあるのに、尿をかけた途端にマークが出やがった。
これは不良品だと思いこむ。

でもこの日から禁酒生活スタート。

すぐに病院へ行くことを奨められたけど、
お盆中のため近所の産婦人科は休診。
しばらくドキドキと落ち着かない日々を過ごすことに……。

~続く~

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ご挨拶。

どーも! みきーんです。

今日から妊婦記念に日記を始めます。

無事に出産(来春予定)まで続きますように……。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年9月 »